誰よりも美しい素肌を目指して。

コスメジプシー状態?

コスメティックは口コミで選ぶべき日焼け止めは、もう夏だけ使うようなコスメティックスではありません。
紫外線対策として、年中必要なものです。

顔に塗って、化粧下地として使えるタイプも多いので、その上に
ファンデーションなどのコスメティックスを重ねて気軽に使っている方も多いと思います。

より強力な紫外線対策を求めている方には、IPSコスメティックスの
UVクリームがオススメです。IPSの日焼け止め

IPSコスメティックスのUVクリームには、IPSコスメティックス独自の原料である
テトラナノプラチナという整肌成分が配合されており、これが紫外線から
パワフルに肌を守ってくれるだけでなく、美肌効果もしっかり含まれているのです。

こういったIPSコスメティックスのUVクリームのようなコスメティックスを
手先や体の露出している部分にも忘れずに塗るのはいいことですが、
クレンジングはしっかり行えているでしょうか。

顔のクレンジングは、毎日欠かさず行っている方は多いと思いますが、体のほうはどうでしょうか。
基本的に、コスメティックスはどの部分であれクレンジングが必須ですので
体のほうも忘れずに落とすようにしましょう。

紫外線との戦いと日焼け止めの歴史

紫外線が肌に良くないということは現代では当たり前の知識となり多くの人がその対策を行っています。
紫外線は肌の細胞を傷つけ刺激するために肌の防御反応としてメラニン色素を多く分泌しシミの原因となります。

また肌の弾力性を低下させてシワの原因にもなります。 大昔から肌を守るということは行われており古くは泥を塗って防御したともいわれています。
現代では日焼け止めが開発されて肌に負担をなるべくかけないで紫外線から肌を守ることができます。

この日焼け止めは、1801年にドイツの物理学者が目に見えない光があることを発見し、それが後に紫外線といわれるようになりました。 もともと太陽の光は健康に良いとされていましたが、オゾン層の破壊により悪影響を及ぼすものとして防ぐべきものとされるようになったのです。

1801年の発見による太陽光の中の肌に良くない光を防ぐために様々な開発がされて、SPF測定法基準というものができるとそれをクリアした製品が作られるようになっています。 現在のSPF測定法基準は国際規格となっています。

効果的にコスメティックスを使うには、 正しく利用しないとかえって肌に悪影響を及ぼすことになってしまいます。
少々面倒に感じることもあると思いますが、 一年を通して毎日繰り返し日焼け止めを塗ることで
全身シミのない、ダメージ知らずの白い美肌を目指しましょう。
効果的なヘアケアならIPSコスメティックス