縮毛矯正後のヘアケア

コスメティックは口コミで選ぶべき美しい髪を保つためのヘアケアにはヘアケア用の
コスメティックスは欠かせません。 ヘアケア商品

そしてヘアケアコスメティックスの代表的な存在といえば、なんといってもシャンプーがあげられます。
頭皮や髪の汚れを落とすのに欠かせない存在ですし、ワックスやヘアスプレーなどの
整髪料を落とすのにもとても役立ってくれるものです。

そして縮毛矯正はくせ毛をストレートヘアーにするのにとても役立つ施術ですので
美容室でも人気の高いメニューとなっています。

髪がきれいにストレートになる施術ですが、やはり髪にはそれなりの負担が
かかっていますので、シャンプーやトリートメント選びにはこだわりたいものです。

意外と歴史は短い!?日本におけるストレートパーマの歴史

パーマは髪の毛にウェーブをかけることで、ボリュームを出し美しく仕上げてくれます。

逆にストレートパーマはウェーブの掛かった髪の毛を真っ直ぐにして
流れるようなヘアスタイルを作り出します。

パーマの始まりは古代エジプトまで遡れるので、ストレートパーマも
同じように古くからあり日本でも行われていた用に思えますが、
実は日本におけるストレートパーマはそこまで古くはありません。

まず普通のパーマですがいつ日本に入ってきたのかは諸説あります。

古くても1923年にパーマをするための器具が輸入されたというので
大正から昭和初期のことを考えてよいでしょう。

1923年というとちょうど関東大震災が起きた頃でそれから徐々に
戦争に突入していくのでパーマは良くないという風潮になっていきます。

それが戦後になると一気にパーマが広まったのですが、熱でパーマを
かける方式からパーマ液を使うコールドパーマが主流となり
日本パーマネントウェーブ液工業組合がつくられて安全性を守るために
コールドパーマネントウェーブ用剤基準を制定していきました。

日本パーマネントウェーブ液工業組合のコールドパーマネントウェーブ
用剤基準によるパーマ剤が普及してきた1970年頃になってようやく
ストレートパーマが出てきたのです。

ただ髪を矯正するというよりもパーマを落とすためにかける人がほとんどでした。


ヘアケアコスメティックスにも様々ありますが、縮毛矯正がより長持ちし、
きれいな髪を保てるよう商品選びは慎重に行っていきたいものです。

元気な日々を過ごす
縮毛矯正後のヘアケアについては美容室でも相談に応じてくれますし、
コスメティックス選びについても相談してみると良いでしょう。

IPSコスメティックスのシャンプーとトリートメントは、
頭皮にも優しく髪をしっかりとケアします。しかし、IPSの製品を
使う際にも正しい使用方法を心がける必要があります。

そして洗髪の時もゴシゴシこすったりせず優しく洗って
いきたいですし、ドライヤーの使い方などにも気を使いたいものです。

ちゃんとできていると思っていても、再度自分のやり方について
確認してみると、新しいことがわかるかもしれません。