IPSコスメティックスのヘアケア

コスメティックは口コミで選ぶべき髪の毛がまとまらず、勧められたIPSコスメティックス
ヘアケアを使っています。

髪の毛がパサついていて、どんなに体質改善や
コンディショナーを変えて頑張って見てもまとまら
なかったんです。

ぼさぼさ頭はみっともなくて、なんとかしようとしてスプレーなどで固めていました。

でもそうすると、かなり髪への負担がかかってしまって、ますます髪は
痛んで酷いことになっていました。

そんな時にIPSコスメティックスを知って、使ってみることにしたんです。ダメージケア

最初はそんなに期待していませんでした。
今までたくさんのヘアケア用品を試してきて、ダメだったのですからね。

でも、IPSコスメティックスを使い始めてから、髪質が変わったのか、
まとまり始めている感じがしたのです。

まさか、と思いながらも使い続けてみました。

今までとは違う手ごたえ感があって、期待してしまったんです。
その、私の期待にIPSコスメティックスは応えてくれました。

ぱさぱさごわごわだった髪はツヤが出始めて、コシがある髪質になってきたんです。
手触りが悪かったのは自分が一番分かっていましたので、かなり感動しました。

くしを通しただけでも分かる髪質の変化に驚いています。
今までのヘアケア用品とは明らかに違っていて、私にとってとてもベストなものです。

シャンプーってなんでもいいとか思ってしまいがちですが、
でもやっぱり何を使う方で、全然違ってくるんですね。
それを今回はっきりと知りました。

美容クリームとかも色々試していましたが、これを気にIPSの製品を使ってみようと思います。

始まりは古代エジプト!美容クリームの歴史と役割

皮膚を保護し、潤いを与え肌の質感を良くする役割を持つクリームは、
肌のお手入れの仕上げに使われるのが一般的です。

日本で広まったのは明治に入ってからですが、その歴史は古く、
なんと始まりは古代エジプト時代と言われています。

古代エジプトのファラオ、ツタンカーメンの墓から、クリームの原型と
なるものが発見されているのです。

また、2世紀のローマでは、獣脂と水を合わせて作られたクリームが、
宮廷の婦人たちの間で人気を集めたという記録も残っています。

このクリームは医師であるガレーヌスによって作られたものです。
これは18世紀まで使われ続けました。

その後、1800年以降になると、ヨーロッパではイギリスで作られた
コールドクリームが評判となります。

特に人気だったのはアンズやアーモンドの油を使ったクリームで、
ナポレオン愛用していたという記録が残っているほど人気だったものです。

この記録からすると、クリームが一般に普及したのは1800年以降
ではないかとされています。