誰よりも美しい素肌を目指して。

「口コミ いいコスメ」

コスメティックは口コミで選ぶべきIPSコスメティックスでは美容に関する製品が数多く出されていますが、その商品力はどういったものなのか。

 

化粧品は近くの店頭でもよく見かけますが、使われている成分や効能は本当に製品によって異なっていて、選ぶ方も悩まされるばかりです。


何を選べばいいのか。どういうものが自分の肌にあっているのか。
それが一番難しい点です。

 

IPSコスメティックスでは天然由来成分や効能が認められた成分などを使用し、
各使用者にあった商品を出しているので多くの女性の方に好まれています。

ヘアケア商品のおすすめはIPSコスメティックス

キレイな肌を守るために使いたい!「[P.P.6] IPSエッセンスUV」のUV防御効果

[P.P.6] IPSエッセンスUVは、肌が老化する大きな原因である紫外線から
肌を守るUV プロテクションクリームです。

日やけ止め効果のある紫外線吸収剤をカプセル化した2種類のサンスクリーン剤が、
波長の異なる紫外線UVAとUVBをブロックし、高いUV防御効果を発揮しています。

 

またカプセル化したサンスクリーン剤は、角質内には浸透しにくいので、
肌への刺激を抑えながら紫外線UVAとUVBの両方を抑えることができます。

 

そして軽い使い心地であるので、白浮きせず透明感のある仕上がりとなります。

 

さらに、プラチナと4つの美肌ケア成分を複合した独自の美肌原料である
テトラナノプラチナを配合しているので、透明感あふれるつややかな肌を
守ることができます。

 

[P.P.6] IPSエッセンスUVは、紫外線から肌を守るUV プロテクションクリームです。

 

カプセル化した2種類のサンスクリーン剤が、紫外線UVAとUVBの両方をブロックし、
高いUV防御効果を発揮するだけでなく、肌への刺激を抑えながら透明感あふれる
つややかな肌を守ります。

IPSコスメティックスの化粧品の使い方

IPSコスメティックスのIPSというのは、知性・哲学・科学を示すイニシャルで、
商品を使用される方々に少しでもライフワークを向上させるために考えられた
概念なのです。
守ってくれる

 

このような説明は商品力を説明する説得力にもなり得ますから、信用も十分あることが容易に伺えます。


優れている商品でもIPSコスメティックスでは、ホームページなどで商品は適切に使うことがもっとも望ましいという旨の説明をしているので、それを参照しながら正しい使い方を心がけるのがよいでしょう。


商品力をうたうにしても、何度も重ねて使ったり明らかに
間違ったやり方で使ってしまうと効果が激減する可能性が
あるので、使用者側もそのような意識を持つことが肝要です。

 

もう一手間かける

 

6世紀の白粉化粧伝来から現代までの「美白の文化」をチェック

肌の白さは美しさの象徴としてとらえられている現代ですが、いつの時代から
そのように思われるようになってきたのでしょうか。

 

6世紀になると大陸から仏教が伝わってくる事になりますが、その時には
仏教だけではなく、他にもいろいろなものが伝わってきています。


その中には、白粉などの化粧品も一緒に伝わってきていますが、
今まで人々が使用していた物などよりも遥かに使用後の状態がいいものだったようです。

肌の美しさ


そうなると肌が白く見えるのが美しいと思われるようになり、
この頃から美しさの象徴として考えられるようになってきています。


8世紀の事がまとめられている「日本書紀」には、僧が女帝に対して
「鉛白粉」を献上したというエピソードがあります。

 

この時には、大変褒められたという記録も残っているようですので、
女性にとって肌を白く見せたいという気持ちは大きかったに違いありません。


現代だけではなく、1400年以上も前からそのような考えがあったという事は
かなりの長い年月の間受け継がれてきた思いという事になるでしょう。


日本人の黒髪と白い肌というのはとてもいい相性ですので、
白くて美しい肌というのは日本人らしい美しさを強調できるともいえるはずです。

 

 

自然派なノンケミカルコスメの基準とは?メリットとデメリット

紫外線予防自然派のノンケミカルコスメの基準とは、肌に負担を与えるケミカル由来の成分を配合しないのがその基準と言われています。

 

例えば、紫外線を防いで日焼けしないようにするための成分は紫外線防止剤と言われていますが、散乱剤と吸収剤とに分けられるのが実際のところです。

 

そのほか、植物由来や自然農法で作られた原料の物もそう呼ばれています。

 

同じ紫外線を防ぐ成分なので同じのように見えますが、吸収剤の場合は肌への
負担が大きいのに対して散乱は紫外線を肌に吸収させることなく防いでくれて
散乱というシステムなので、それがノンケミカルと言われる由来です。

 

メリットは肌にダメージを与えずに優しいということになりますが、
デメリットは強力な紫外線カットの能力はないということになります。

 

それでは肌が弱い人はどうすればよいのか、というとノンケミカルの
日焼け止めの場合には何度も塗りなおして、汗をかいたり水がかかったり
するたびにケアをするということです。

 

ウォータープルーフなど汗や水に強い日焼け止めは、一般的には
ノンケミカルでないものが多くなっています。

 

その場合には、汗や水では流れ落ちることは少ないものの肌への負担が
大きいためアレルギーを起こしたりする危険性をはらんでいるのが実情です。

 

よくアトピーやアレルギー持ちの人にノンケミカルの自然はコスメが
すすめられるのは、このためと言われます。

 

ケミカルな化粧品はデメリットばかりではなく、耐水性を高めたり日焼けを
防ぐ効果はこちらの方が高いです。

 

レジャーなどで落ちやすい環境で使うときには、こうしたアイテムを上手に
使ったりIPSコスメティックスのようにケミカルでもカプセル化されている
ものを使うことで、肌へのマイルドさと日焼け止めの効果を両立することが
できるようになります。

 

コスメの使用期限の表示義務

使用期限コスメの消費期限の表示義務は、薬機法で定められているものですが使用期限の表示義務は全ての商品に与えらえているわけではありません。

 

きちんとした保存状況下で3年以内に変質することがないものに関しては、特に義務付けられていませんので表記されていないものも多いです。

 

しかし、無添加化粧品と言われているものはエタノールをはじめ保存料が入っていないものが多いので変質しやすいものも多くなっています。

 

そのため、そうした化粧品を常温で放置しておくと変質しやすいため
多くの無添加や自然派の化粧品メーカーでは期限を表記しているものも多いです。

 

保存状況が重要となりますので、高温多湿のところで化粧品を補完するのは
推奨されていません。

 

ケミカルコスメと呼ばれるようなものは、保存料などが配合されているため
保存性が高いというのは大きなメリットです。

 

しかし、アルコールやその他の保存料にアレルギーを起こす敏感肌の人も
多いため、こうした成分はメリットだけでなくデメリットになることもあります。

 

そのため、肌質を良く理解して自分の使う化粧品を選ぶことが重要です。

 

コスメの使用期限は表示する義務があるものとないものがある、ということも
ポイントですので購入する化粧品がナチュラル系の物の場合には、注意して
おく必要があるでしょう。

 

保存性のあまりよくないものは、温度差にも敏感ですので冷蔵庫に入れるだけで
なく早めに使い切るのも大切です。

 

どんな化粧品でも、期限より早めに使い切るに越したことはありません。

 

早めに使い切ることで、その成分のメリットを最大限に感じることができますし、
時間がたつと変質して徐々に効果を実感することができなくなることもあります。

最新記事

  • 知るIPSコスメティックスのネットワークビジネスは、会員が口コミとコミュニケーションを通して商品を …

    IPSの形態の仕組み

  • 美容液の特徴

    株式会社IPSコスメティックスの化粧水と、美容液との違いを知っておく必要があります。美容液は …

    違いの把握

  • IPSの商品

    IPSコスメティックスが販売している美容液は、ラジオ番組の中でとりあげられており、内容が面白くた …

    IPSのラジオ番組